スマホで見る

賃貸経営と高齢者マーケットとの向き合い方 | 蒲郡市・幸田町の賃貸・賃貸管理のことならミニミニFC蒲郡店 丸七住宅株式会社

高齢者マーケットを考える ~日本人の4人に1人が75歳時代へ~



司会 大家さんとして「高齢者」というマーケットを無視できないと思います。皆様はどのように考えて行動されていますか?
A やはり「孤独死」が心配ですね。日本は単身世帯が増え続けていて結婚せずに独身を貫く人も多くなっていますから「孤独死」リスクは高齢者だけに限らなくなってくると言われていますけれども。
B 大家に向けたアンケートによると、約60%の方が「高齢者の入居に拒否感がある」と答えていて、近年はさらに増加傾向にあるそうです。
C 拒否する理由で多いのは何でしょうか。
B 死亡リスク、滞納リスク、認知症にかかるリスクなどが挙がっていますね。
D 実際に「高齢者様はお断り」と表明している大家さんや不動産会社は少ないでしょうが、入居審査のところで理由をつけて断わることが多いのだと思います。
E 日本は65歳以上の人口が3100万人を超えて4人に1人以上が高齢者ですし、近い将来は4人に1人が75歳以上になりますから、この人数が多い市場を高齢者だからという理由で敬遠するのは、空室を抱える大家にとって大きな機会損失だと思います。
D 僕もそろそろ高齢者の年齢ですが、高齢者に貸すことのメリットもありますよね。「長く入居してくれる」「生活のマナーがいい」「クレームが少なく感謝される」などは大家としては有り難いことです。
E 高齢者は一度入ると長く入居してくれますから、高齢者を入れることで、空室に対しての不安が減りますよね。「ご本人の健康状態と、身内がいて緊急時の連絡先等の対応をしっかり把握しておけば問題ない」と仰る専門家もいますね。でもリスクがあるのは事実なので拒否する理由の3つについては検証しておく必要があると思います。
A 「室内で死亡されるリスク」というのは、発見されるまでに時間がかかることの恐れがありますね。特に事件性がなくても発見まで長引けば特別な清掃が必要になりますし、次の募集に大きな支障が出ます。高齢者が部屋で亡くなるのは避けられないですから、具合が悪くなったときや緊急時に周りが速やかに気付くことができる仕組みですよね。
D センサーで住人の異常をインターネット回線で伝えるとか、ドアの開閉、照明、テレビのリモコンなどにも反応するセンサーが開発途上にあるそうです。
E そういうテクノロジーも大事ですが、定期的に会う機会を作って、見守りにつながるようなコミュニケーションを増やすことが重要だと思います。我々大家か管理会社さんが頻繁に現場に足を運ぶことと、入居者さん同士が日常で確認しあうような仕組みが出来たら良いですね。
C これは解決策ではありませんが、孤独死に対応した保険も登場していますね。
発見された場合に原状回復費用に最大100万円、空室や家賃低下に対して最大200万円を事故後1年間補償するという内容の保険があります。全戸の加入が必須となっていますが、保険料は1戸あたり3,000円程度と費用負担は抑えられています。
司会 「家賃滞納と認知症になるリスク」についてはどうでしょうか?
E 年金支給の将来に不安もありますので、蓄えが無くなり収入が減って家賃滞納につながる可能性はありますけど、これは高齢者にも対応している保証会社を利用することと、緊急時に対処してくれる身内等の確保をしっかりとしておけば大丈夫な気がします。認知症や病気になったときに対する備えとしても、いざと言う時に対応してくれる身内の存在が必須の条件になりますね。
D 「サービス付き高齢者向け住宅」への登録という積極的な選択肢もあります。
B 「100%安心できる解決法」はありませんが、間違いなく言えるのは「空室と単身高齢者は増えていく」という事実ですね。賃貸経営する大家としても、この増え続けるマーケットを無視することは出来ないですね。
司会 ありがとうございました。
お部屋を探す
賃貸契約の流れ
お部屋探し依頼

店舗紹介

店舗写真

ミニミニFC蒲郡店愛知県蒲郡市神明町8-10
オリビル1階
TEL:0120-07-1642
FAX:0533-67-8207
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週水曜日・木曜日

会社概要
アクセス
店舗写真

丸七住宅株式会社 幸田店愛知県額田郡幸田町大字深溝字以立山16-7
TEL:0120-07-1644
FAX:0564-62-1775
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週水曜日・木曜日

会社概要
アクセス
スマホはこちらから